Outline

機構概要

一般社団法人水と緑の連携推進機構 事業概要

当機構は、自治体の下水道更新事業の早期化とコスト削減を目的に、三井住友信託銀行(株)水ing(株)及び東京共同会計事務所とアライアンスを組み、包括アウトソーシング化(ファイナンス・更新業務管理・会計)による公民連携事業(PPP/PFI取引)を推進するためのコンサルティング及びアレンジメントを管轄省庁と連携して自治体に提供します。

一般社団法人水と緑の連携推進機構 所在地

本部

〒108-0075
東京都港区港南1丁目9番36号 アレア品川 13階―618

神奈川支部

〒252―0303
神奈川県相模原市南区相模大野3―13―15 第3タカビル6階

理事 役員

代表理事 石黒 路明

1986年に慶應義塾大学経済学部卒業後、同年シティバンク、エヌ・エイ東京支店に入行。コーポレートファイナンス本部長および金融法人・公共法人営業本部長を歴任。2014年10月から水の安全保障戦略機構内「水と緑の連携インフラ整備支援プログラム研究会」事務局長。2016年11月に当協会の設立理事、代表理事。

理事 竹村 公太郎

1970年東北大学工学部修士修了後、建設省(現 国土交通省)に入省。宮ケ瀬ダム工事事務所長、中部地方建設局河川部長、近畿地方建設局長を経て、国土交通省河川局長。2004年に財団法人リバーフロント整備センター理事長、2006年5月よりNPO法人日本水フォーラム代表理事・事務局長、首都大学客員教授・東北大学客員教授・博士(工学)。

理事 藤戸 久寿

1993年東京大学経済学部卒業後、同年警察庁入庁。2000年に警察庁退職。2006年弁護士登録。日比谷Ave.法律事務所パートナー。国会原発事故調査委員会調査員、警察共済組合審査会委員等を歴任。2019年当協会理事就任。

関西地区責任者 榎本 貴志

グリーンバナー事業部 エグゼクティブ・アドバイザー

渡邉 紹裕

京都大学大学院地球環境学堂 教授(農学博士)
1977年 京都大学農学部卒業。
現在、農業農村工学会会長、国際水田水環境工学会会長、 国際灌漑排水委員会「気候変動作業部会」部会長の他、農林水産省食料・農業・農村政策審議会委員(農業農村振興整備部会長)、国土交通省国土審議会臨時委員、文部科学省科学技術・学術審議会専門委員、京都府環境審議会委員、一般社団法人Com aqua代表理事などを務める。

津田 晃

日立キャピタル㈱社外取締役、㈱酉島製作所社外取締役、宝印刷㈱社外取締役、㈱エグゼクティブパートナーズ理事など上場企業等の役員を現任。
野村證券㈱取締役大阪支店長、同・代表取締役専務、㈱ジャフコ代表取締役副社長、野村インベスター・リレーションズ㈱取締役会長、日本ベンチャーキャピタル㈱代表取締役社長などを歴任。

小出 昇

1979年、東京大学法学部卒、富士銀行入行 (現みずほ銀行)。1989年、ソロモンブラザーズ証券に入社し、1999年に退社。2000年より山梨県北杜市に移住し、森林保護活動に従事。

吉田 俊久

和歌山県東漁業協同組合 代表理事組合長